· 

令和2年7月10日スタート!「遺言書保管制度」・・それはそれとして。

令和2年7月10日に法務局による遺言書保管制度がスタートします。

 

この制度を利用することにより,自筆証書遺言書そのものを紛失する恐れが無くなることと,捜索の手間が無くなることと,遺言者の死亡後に必要とされる家庭裁判所の検認という手続が不要となる点などは,この制度の利用を検討する際の大きなポイントとなるかもしれません。

 

 ① ~それはそれとして~

 

② ~「遺言」「遺書」は違います~

 

 

 ~それはそれとして~

専門家が相談者から遺言書作成に係わる相談を受けた際に,公正証書での作成ではなく,この保管制度を利用した自筆遺言証書の作成をそのまま勧めるかどうかは置いておいて,新しい制度が出来ることによって遺言書やエンディングノート作成の関心が高まってくることは良い事だと考えます。

 

② ~「遺言」「遺書」は違います~

「遺言」というと,自分の死に直面した人による「遺書」と混同されて「縁起でも無い!」と思われて敬遠される方も多いと思いますが,「遺言」はいざというときのために大切な方のために準備しておく法律行為です。「遺言」は相手方のある契約ではありませんが,動機の部分では生命保険契約と重なる部分があると思います。

 

「遺言書保管制度」の概要については2020年5月発行の日本司法書士会連合会(日司連)作成パンフレットが見やすかったので掲載しました。(今年度は日司連と桜庭ななみさんとの契約更新の年度だったそうですが,めでたく更新されたそうです。)

 

なお,法務省HPの遺言書保管制度の紹介サイトは詳細で非常に解りやすいものとなっています。

「遺言」についてご検討してみたいという方はお気軽にお問合せください。